2009年06月05日

天才対職人

気がついたら音楽で数年飯を食っている。しかし、この世界で長く過ごせば過ごすほど、自分の才能のなさに嫌気がさすことになる。…といっても、嫌気イコール悲観には全然つながらないわけで、相変わらず元気にやっている。悩んで悲観的になっていいのはヤングと天才だけだからである。

俺も含めプロの音楽家のほとんどは天才ではない…と断言しても良いと思う。じゃあ何なのかという話になるわけだが、実も蓋もない言い方をしてしまうと我々は凡人であり、二流の才人にすぎない。しかし、二流だからこそ仕事として音楽が出来るのかもしれない。二流は自らの凡才を自覚するが故に遅刻しないし、締め切りをブッチ突破することもないし、クライアントの要求を正確に反映しようと甲斐甲斐しく努力するからである。野村克也監督の言葉を借りれば、努力を重ねた二流は一流を超える「超二流」なのである。「超二流」を換言すれば「職人」である。J-popの巨匠の方々でも小室哲也氏には天才性を感じるが、つんく氏や筒美京平氏などは職人という表現が相応しい気がする。レゲエ界でもリー・ペリー、ニンジャやビーニは天才だが、キング・タビー、ボウンティは不器用な職人タイプだろう。天才タイプは共通して何かが破綻している。タビーも最終的には射殺されてしまったが、その理由は金銭トラブルという至極凡人的なものであると言われている。

天才のみなさん
scratch-lee-perry.jpgcrm0811211220022-p1.jpgninjaman-bbc.jpg20050401_shin_01.jpg

職人のみなさん
king tubby.jpgET20060422130348721L2.jpgP000173283.jpgg_132.jpg

では、職人が音楽を作るときはどのように作るのかというと、様々な音楽を聴き漁り、流行をチェックし、レコードを堀りまくった挙句、あの曲のメロディーとこの曲のリフを再利用してこの前読んだあの本のストーリーを組み合わせたら面白いんじゃないかな、ということに思い至る。その後、誰かが同じことをやっていないか姑息に確認し、ばれないようにアレンジし、さも自分で1から作った風にドーンと発表するのである。…まさに非道!…しかし、その組み合わせの妙にオリジナリティ(粋なサンプリング感覚)があればそのような作品でも天才のそれに比肩する芸術性とポピュラリティを獲得することが可能なのであり、またそこが(ポピュラー)音楽の面白さの一つであることは間違いないと思う。

しかし、その際オリジナリティの味付けが不十分だと、残念ながら「パクリ」の烙印を押されてしまう。どころか酷い場合には訴訟騒ぎである。しかし、繰り返すがそこが音楽の面白さだったりするといいたいわけであって、ディスっているわけではまったくないですYO。

まさにMISSING YOU


曲の雰囲気にロボットまで!
posted by ヒビキラー at 16:08 | TrackBack(0) | HOW TO DEEJAY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120890411
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。