2009年05月04日

Tak-Z 『Ten Gallon』

さすがの黄金週間ということでイベントごとも多く、ブログで一個一個のレポートをする気が沸いてきません。しかし来ていただいたお客様には感謝の心は忘れません。ありがとうございます。

 ということで、今日は最近聞いたCDの紹介をします。 

Tak-Z 『Ten Gallon』
tak-z_hyou1.jpg
これは今年のジャパニーズレゲエの収穫といってもいいね。関西ではもうおなじみのTak-Zのファーストです。まず、よく通るハイトーンの声がいい。さらに、ピンチャーズ、プライアーズを思わせるアウト・オブ・キーの作法を難なく自分のものにする驚異的なセンスが素晴らしい。一時のJレゲエだと、男のシンガーは大体ムーミンのフォロワーで、女のシンガーは大体プシンかミンミのどちらかに似ているというシンガー冬の時代だったわけですが「他ジャンルに慣れた耳には一瞬奇異に聞こえるかもしれないが、そのレゲエにしかあり得ない歌唱法でポップスとしても十分勝負ができる」可能性を感じさせるTak-Zの存在自体が、即ちJレゲエシーンの成熟を証明していてシーンの端くれに存在する同志として非常に頼もしい。

サウンド面ではほとんどの曲が盟友スカイライン・バンドによる高密度な生演奏ダンスホールであり、世界的に見ても打ち込みダンスホールor生ルーツしかない現在のレゲエ界に一石を投じる事に成功している。惜しむらくはパワーハウス、ヴォルケイノ、テクニクス系の色濃い影響を感じさせるポップなトラックが起伏なく並んでしまっている点だ。例えばイントロに使用されていたビリー・ジーン・リディムのようなけだるくダビーなトラックをもっと効果的なアクセントとして使うことができれば、また新たな魅力を見せられたはずだ。しかし全体的なクウォリティは高く、早くも次回作に期待大である事には変わりはない。シュルリブンナー!

…と偉そうに書いてきたけど、このアルバムタイトルは俺が名づけたんだからそのくらいは許せ!


posted by ヒビキラー at 23:56 | TrackBack(0) | Listen This! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118637912
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。