2008年12月11日

ラッセル・シモンズ社長のドキュメント

ハーイ。昨日の深夜放送されていたラッセル・シモンズ社長のドキュメンタリーが面白かったですyo。ホントプライムタイムの民放テレビはスポーツ以外ほぼ見ないけど深夜はたまに食指を動かされる良質番組があるね。

番組では「ラップの過激な歌詞は犯罪を助長するものなのか、それとも不安な社会情勢を反映しているだけなのか」とか、「ヒップホップ誕生から30年、ヒップホップはアメリカを変えたのか」という議論がなされていました。以前に大統領選挙ネタのときにも書いたと思うけど、ディベート文化があり、政治的なスタンスをはっきり見せることに躊躇いのないアメリカの国民性は時に大変魅力的です。

まあ、自分もレゲエやヒップホップの何処に魅力を感じてのめり込んだかといえばその社会に対しての直言を厭わない好戦的思想であるわけで、一アーティストとしては単に踊れる、上がれる、笑える、泣けるといったレコード会社的に売りやすい宣伝文句から如何にはみ出すものを作っていけるかが勝負だと思っている訳です。というわけでこれからスタジオに行ってきます。

というわけで、今日のBGMは「表現方法が二つあるならより当たり障りのあるほうを選び続けた」男ピーター・トッシュの「stepping razor」ではどうぞ!



If you wanna live
Treat me good
If you wanna live, live
I beg you treat me good

I'm like a walking razor
Don't you watch my size
I'm dangerous
Said I'm dangerous
(2X)

If you are a bully
Treat me good
If you are a bully, a bully
I beg you treat me good

I'm like a stepping razor
Don't you watch my size
I'm dangerous, dangerous
(CHORUS)

If you are a chucky
Nobody chucky from me
If you are a chucky, a chucky
Nobody chuck from me, Yea

CHORUS

I'm like a chopping razor
Don't you watch my size
I'm dangerous, dangerous

If you eat asphalt
I beg you treat me good
If you drink lead soup
You better treat me good

CHORUS

If you are bull bukka
Nobody buk from me
If you are duppy
You move away from me

CHORUS

I'm like a stepping, walking
I'm dangerous, dangerous

If you wanna live
Treat me good
Warning you if you wanna live You better treat me good

I'm like a stepping, walking, cutting, flicking,
jumping,chopping, walking
I'm dangerous(2x)
I'm like a stepping, jumping, flicking, bumping, boring
I'm dangerous(2x)

If you drink mortal
Treat me good
And if you eat brick
Treat me good



posted by ヒビキラー at 14:47 | TrackBack(0) | Listen This! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111065431
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。