2008年12月05日

レゲエ珍ジャケ

自分のジャケを一所懸命作ってたらレゲエのジャケットデザインってやはり面白いなーと思いまして、レゲエ珍ジャケを集めてみました。

まずはなんといってもこれ!ドクターアリマンタードの"Best Dressed chicken in town"。ハーフウェイツリーを半裸で闊歩するアリマンタード先生。よく見てみると(見たくもないのに)チャック全開。さらにそんな違和感を完全にスルーして何かを売りつけるヴェンダー。桁外れのゆるさだって!

c8e83ab2.jpg 

続きましてリーペリー"Kung Fu"。自分がリーでブルースもリー。ヨシそれで行こう!くらいの適当な感じで制作が開始されたんだろうな…。背景に書いてある「琵・琶・解・語・章」の漢字も意味不明で言うことナシ。
lee.jpg


続きましてシズラ"Praise ye Jah"。修行の結果空中浮遊が出来るようになってしまったかのようなジャケだが、実際はデザイナーが当時出始めのフォトショップの機能を使ってるうちに楽しくなってしまっただけだと思われる。音に関しても初期ダンスホールのディレイのかけ方や、最近のヴォコーダーブームにジャマイカ人ならではのやりすぎ癖を感じるね。素晴らしい。

sizzla_praise_ye_jah.jpg


最後にそれぞれの曲のyoutube


posted by ヒビキラー at 15:19 | TrackBack(0) | Listen This! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。